ダルビッシュの名言②

a07ecd43ee91e9d5abf22d28c555f3d2_s
Pocket

他人と比較しても良いことはほとんどない。

結局は自分との勝負。自分が満足してやり遂げられたか。自分が想像した姿になれているか。
他人との優劣は気になるが、気にしすぎると自分を見失ってしまうこともある。
だからといって自分の理想像を低くしていいわけではない。自分がそこまでと決め付けたら成長は止まってしまうからだ。

土日の休みが消え、夏休みが消え、冬休みが消え、友達が遊んでいる時に練習していた。だからこそ今がある。

世の中の多くの人が苦手にしていることがある。それは「継続すること」、「誘惑に勝つ」だ。
よく「継続は力なり」というが、継続には2パターンある。それは「生産性のない怠惰で続けている継続」と「生産性のある改良しながらの継続」だ。

ここで言いたいのはもちろん後者の継続だ。休みたい誘惑・遊びたい誘惑などいろいろな誘惑を断ち切って継続していたとしても生産性がない継続は意味がなくただの自己満足で時間の無駄になる。

貴重な時間を使ってせっかくやるのであればそれは生産性のあるものにしたいと思うのは万人共通ではないだろうか。
継続する内容も考えながら臨機応変に変更していかなければならない。

僕は楽しみながら野球をしていれば、結果はついてくると思っている。

野球に限らず、人は面白いこと・楽しいこと・夢中になれることに本気になる。
夢中で楽しんでゲーム感覚でやるからこそ、どうしたらより面白くなるだろうかと考えて新たな発想を生んで好循環となる。

仕事もスポーツも勉強も全て一緒だ。イヤイヤやっていたらもうそれはただの作業となってしまって早く終わらせたいと考えてしまうことから、新たな発想は生まれることはないだろう。

「楽しんだもの勝ち」本当にその通りだと思う。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA