イチローの名言①(嫌いなことをやれと言われてやれる能力は後で活きる)

2e28a9ac8b65bede6bfea28796e3400f_s
Pocket

何年か前に行われた調査で「上司にしたいスポーツ選手ランキング男性編」で1位を取ったメジャーリーガー・イチロー選手(マーリンズ所属)の名言とされる言葉自体の紹介と、その言葉の意味から話せるスピーチネタを紹介していきます。

なお、上司にしたい理由としては「努力し続けている」、「自己管理がすばらしい」、「言葉でなく行動で手本を示す」などが挙げられたそうです。

【イチロー選手】(マーリンズ所属)

①経歴
愛知工業大学名電高等学校

オリックス・ブルーウェーブ(1992-2000)(ドラフト4位)

シアトル・マリナーズ(2001-2012)

ニューヨーク・ヤンキース(2012-2014)

マイアミ・マーリンズ(2015-)

②その他情報
右投げ左打ち
外野手
NPB:首位打者、打点王、盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞他
MLB:首位打者、盗塁王、ゴールドグラブ賞他
MLB通算3000安打、500盗塁
2004年にMLBのシーズン最多安打記録更新
日米通算でも安打世界記録更新

③名言&スピーチネタ

「考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります。」

普段の日常を普通に過ごしているだけでは何も変わりません。
人は考えることを惜しんで何も変えずにただ毎日をルーティンのように過ごしていると、成長はおろか現状維持することもできずに衰退していってしまいます
これは年齢に関係なく、また、仕事・プライベート・部活なども関係なく、あらゆることに当てはまります。
何かを考えながら変革していかないと、人は成長を止めてしまうことになります。

「嫌いなことをやれと言われてやれる能力は、後で必ず活きてきます。」

人は誰しも嫌いなことはやりたくありません。
皆、好きで、楽で、自分のやりたいことだけをやっていたいのは当然です。
しかし、自分が嫌いで苦手としていることは、多くの人が嫌いで苦手です。
それにもかかわらず、投げ出さずに努力してやり通したことは必ず自分の財産になります。
辛抱強さも身に付きます。それに、人と差をつけるためには、人がやらなそうなことをやることも大事です。
また、嫌いなことにもかかわらず、義務感・正義感から必要と感じて自らやれる人は、きっと成功への階段を登っていくことになるでしょう。

「自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない。」

人は癖などで知らず知らずに行っていることがあります。
それはもちろん良い癖もありますが、悪い癖だってあります。
知らない内に非効率的なことをやっていたり、口癖で人を不快な思いをさせたりしている可能性だってあります。
何かを改善したいと思うときは冷静に自己分析から始めなければなりません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA